積み木

防犯カメラの撮影時間を伸ばすならSDカードを使用しよう

  1. ホーム
  2. 空き巣に合わないように

空き巣に合わないように

家と鍵

日本では年間に4万件以上の空き巣被害が起きています。空き巣にあっても、犯人が捕まることは少ないですし、盗まれたものが戻ってくることはほとんどありません。また、一度空き巣被害にあうと再び空き巣に入られやすくなるというデータもあります。というのは、立地条件や家の設計上、空き巣が入りやすい環境になっている可能性があるからです。といっても、簡単に引っ越すことはできませんし家を建て替えることもできません。再び空き巣被害にあわないように鍵を増やすことはもちろんですが、防犯カメラを設置するのも役立ちます。セキュリティ会社に相談するのもいいですが、現在は家庭用の防犯カメラも数多く販売されており、専門的な知識がなくても簡単に取り付けられるようになっています。

家庭用の防犯カメラは、安いもので1万円以下で購入できるものもあり、またスマートフォンなどと連携して外出先でも家の中の様子をチェックできるようになっています。家庭用防犯カメラは、貴重品が置いてある部屋やリビングなどに設置したくなるものですが、まずは人が出入りする玄関や庭先に設置すると不審者を見つけやすくなります。家の外に置くことになるので防水性の高いものを選びます。また、赤外線カメラならば夜間でも人間の動きを把握できます。玄関や庭先に家庭用防犯カメラがあることで、空き巣に対してプレッシャーをかけることもできます。その上で余裕があれば室内に防犯カメラを設置します。家族と言えどもプライバシーの問題があるので、事前にきちんと家族で相談することが大切です。